カテゴリー
保育士の働き方

自閉症児施設について解説いたします

自閉症児施設について理解しよう

子供によっては「自閉症」であることがあります。
自閉症とは脳機能に障害があることによって引き起こされる病気で、「子供が言葉を上手く話すことができなかったり、コミュニケーションを上手くとることができなかったりする症状」を指します。

自閉症の子供は普通の子供と違った傾向があるため、自閉症児施設という自閉症の子供のための施設が設けられています。
自閉症児施設で働くのも、ひとつの選択肢といえます。

ただ、自閉症児施設は一般的にあまり知られていないため、「どのような施設なのか分からない」ということもあると思います。
そこでここでは、自閉症児施設について解説します。
しっかりと理解を深めて、自閉症児施設で働くことを検討してみてください。

自閉症児施設の種類

自閉症児施設には種類があり、大きく分けて2種類あります。
ひとつめは、「医療型」と呼ばれる第1種自閉症児施設です。
これは子供に病院へ入院してもらい、自分で生活をする上で必須となることを教える施設です。

次に「福祉型」と呼ばれる第2種自閉症児施設です。
これは病院への入院は必要ないけれど、自閉症を患っている子供のための施設です。

第1種自閉症児施設のほうが、より重度の自閉症の子供と接することになります。
大変な面はあるかもしれませんが、それだけやりがいもある仕事といえます。
自分のスキルや適性を踏まえて、どちらで働くかを決めると良いでしょう。

自閉症児施設で働くにはどうすれば良いのか

自閉症児施設は、保育士の資格を持っていれば勤務できることが多いです。
自閉症児施設は求人サイトなどで求人が募集されているため、興味が湧いたら募集されている仕事をチェックしてみると良いです。

求人はパソコンやスマートフォンから確認することができ、興味の湧く職場があれば、求人情報の内容をよく読んで応募します。
応募すると施設から電話やメールで連絡があるため、履歴書や職務経歴書を用意して面接へ向かいましょう。
多くの場合は1度の面接が行われ、採用かどうかが決まります。

場合によってはひとつの職場の面接を受けるだけでは、採用に至らない可能性があります。
このときには複数の自閉症児施設の求人へ応募して、面接を続けて受けましょう。
何度か面接を受けていると、「このように面接官へ自分をアピールすれば良いのか」ということが分かってきます。
すると採用してもらえる可能性が高まるため、諦めずに面接を受けることが大切です。

また、「志望動機」と「自己PR」については、しっかりと伝えられるように準備しておきましょう。
これらはとても大切なので、自分自身を振り返って考えておくことが大切です。

自閉症児施設はとてもやりがいのある職場です。
2つの種類を理解して、検討してみましょう。