お勧めの服装やメイク

面接時の服装

保育士が就職活動をする際の服装は、スーツやジャケット、ブラウスやスカートなどのツーピースが無難です。
ブラウスの色は白かブルー系で、淡い色のものを選びましょう。
スカートの丈はひざの出ないものにし、短すぎるのはよくありませんが、かといって長すぎない丈のものにしましょう。

ストッキングの色はベージュ系のオーソドックスなものを選び、寒いからといって厚手のストッキングを履くとやぼったく見えます。
面接場所に行くまでに伝染することもありますから、着替えを持って行きましょう。
パンツスーツという選択もありですが、パンツスーツはスポーティーに見られやすいので、ご自身の個性に合ったデザインのものをお選びください。

靴も華美でないデザインのものを選び、面接の朝はよく磨いてからお出かけください。
靴は意外に目立ちますが、洋服に比べると忘れられやすい部分です。
ヒールも高すぎるものを履くと、コツコツという音が床に響くことがあります。

メイクと髪型

メイクはナチュラルメイクで、口紅などは淡い色のものにします。
シャドーやチークなども、色の濃すぎるものは避けましょう。

髪の色はブラック系かブラウン系、ロングヘアーの人は後ろで束ねて、スッキリと見せて清潔感を出した方がいいかもしれません。
前髪なども、顔にかかりすぎていたりするとうっとおしく見えます。
保育園は女性の多い職場ですから、入園してからも女性の同僚からのチェックがあると思った方がいいです。

意外に見られているのが「爪」です。短く切っておきましょう。
保育園では、子供達の爪を切るように指導しているところもありますので、先生の爪が長いければお手本になれません。
爪がとがっている場合なども、子供の肌がその爪で傷つかないかを心配されることがあるようです。

小物類

普段つけていたとしても、アクセサリーをつけて面接に行くのはやめた方がいいでしょう。
その部分に面接官の目がいくようなものは、はずして面接に臨んでください。

バッグなどの小物類は、A4サイズのファイルが入るようなものを持っていきます。
パンフレットや書類などは、たいていのものはA4サイズです。
色は、黒やブラウン系で、スーツやジャケットの色に合ったものがよさそうです。

時計やメガネなども、普段使っているものが派手なデザインなら、無難なものに変えてください。
ブランドものも、見る人が見るとどこのブランドのものなのかがわかります。
なお、メガネのレンズは汚れやすいですから、あらかじめキレイに拭いておきましょう。

面接官が派手な感じの人で、爪や髪型に気を使っていない場合は、かなり自由な保育園かもしれません。
そのような例外もあったりしますが、面接では身だしなみに気をつけて、清潔感を大事にしましょう。