学んでおきたいスキル

保育士・幼稚園教諭

どういった職業にも言えることですが、その仕事をするために最低限必要なスキルは誰でも持っているものです。必要になってくるのは、求められている以上のスキルを発揮することや、他の人とは異なったスキルを身に付けておくことなどです。

保育士の現場でももちろん同じことが言えます。保育園等の施設で働くためには、保育士の資格を取得し就職することになりますが、保育士以外にも取得しておきたい資格はいくつかあります。

よく保育士と間違われるほど似ている資格としては幼稚園教諭の資格があります。保育士と幼稚園教諭の両方を取得している人もいるほど人気のある資格といえます。この2つ(保育士と幼稚園教諭の資格)を取得していることで、就職先が大きく増える結果となります。

チャイルドマインダー・ベビーシッター

保育士と同じ対象となるチャイルドマインダーと言う資格は今最も注目されている子供向けの資格の1つと言われております。昔の上流階級の家庭では当たり前のように存在していたベビーシッターと言う資格も子どもに関連する資格の1つと言われております。

幼児体育指導者

子供の運動能力が低下していると言われている今日では、子供の中でも幼児向けの体育指導者の資格と言うものがあります。

小学校でダンスの授業が追加されることや、保育士となると保育園とかで子供に運動を教えたりする機会もあるので、今後運動を行う事は幼児にとって今まで以上に必要なことになります。

この幼児体育指導者の資格は注目されている資格です。

食育指導士

偏食は、大人になってからなかなか治らないので子供のうちから直すことが必要です。そのため食育指導士と言う資格があります。子供の頃から偏食を治すためにこの資格を取得して指導する保育士もいます。

救命技能講習認定

救命技能講習認定と言う資格は、子どもだけでなく大人も含めた救命講習を受けることができる講習で全国の消防署で講習が受けることができる認定資格です。

これらの資格については、保育士の仕事をしながら時間を確保することができる資格ばかりです。勉強の時間を確保できる状況にある保育士の人たちにとっては、取得しておくことで将来の転職活動や復職活動を行う時に有利なスキルの1つとなります。

ただし、これらの資格の取得年月日が数ヶ月から数年と幅広くなっています。数ヶ月の資格取得期間であっても難しい場合がありますから、取得を考えている場合には余裕のある計画予定を立てることが必要となってきます。