保育士の需要

少子化と保育園の減少

何年も日本は少子化の状態が続いており、子供の数が減少しているのが実情となっています。このため定員割れをしている状態の大学や高校などが存在しています。

しかし、保育園の数は全国規模で見ても足りない状態で定員割れの状態の保育園特に公立の保育園は、全国的なレベルでも存在していない状態にあります。全国の保育園の数が足りていないため、新聞やテレビのニュースで言われている待機児童と言う問題が関係してきます。

Yahooニュースの更新リストを見ると、しばしば情報が更新されています。リアルタイムな社会問題ですから、しっかりと確認しておくと良いでしょう。

少子化が続いるにも関わらず保育園の数が足りていないという、ある種矛盾を感じるような状況になっているのですが、このままですと待機児童は今後も増えていくのではないかと考えられています。

なぜこういった状況に陥っているのか?その原因について、下記のサイトでは、都市部に人口が集中している、共働きの夫婦が増えている、といったことが原因ではないかと書いています。

各都市で募集があるとは限らない

保育園の数が足りていなければ保育士の数も現状の保育園で募集をしていない状態となりますが、現実的にはそのような状態ではありません。

また、国や地方公共団体では待機児童を減少させるために保育園の数を今後も増やしていくための対策も考えられています。したがって、保育士は今後も必要とされている人材となりますが、就職や復職を希望する都市に保育士の募集がある保証はありません。

そこで、インターネットの求人サイトなどあらゆる手段を利用して求人募集を見つけることが必要とあります。全国的に考えれば保育士は今後も必要な人材となっていきますが、各都市で必ず募集している人材とは限らないことを理解しておくことが必要です。

保育園以外の職場

このような現状ですが、保育園以外の商業施設で子供を預かる託児所があるサービスを行っていたり、公立の施設でなく私立の保育園だったりと、条件は異なるものの、保育士を募集している企業もあります。

これらの企業の場合には保育士の資格を保有している人材は大変喜ばれる人材となります。今後も保育士の資格を有している人たちにとって、いろんな状態ですが働く場所はあるのです。

しかし、それが保育士の希望している働く場所とは限らないので、保育士の需要と供給のバランスが維持できていないのが今の社会の現状だといえます。

モンスターペアレントに注意

現役で保育士として長く働いている人、結婚などにより一時的に現場から離れている保育士の人などで気をつけたいのがモンスターと呼ばれる父兄の人たちです。保育士として働く場所を確保できてもモンスターの存在が問題となって長く働けない保育士も存在しています。

運良く新しい職場を見つけたと喜んでいた時にこのモンスターの存在により水泡に帰すこともあるので、職場の情報収集も怠りなく行うことが必要となります。