履歴書

履歴書の書き方

履歴書は、面接官に初めて自分の能力や自分の価値を知ってもらうために渡す大事なツールの1つとなります。自分を上手に売り込むためのパンフレットと考えると分かりやすいです。

この履歴書ですが、今では手書きとパソコンを使った入力印刷の方法があります。大手企業ですと手書きよりもパソコンを使った入力印刷を認めている企業が増えてきているので、書き損じなどの心配はありません。

しかし保育士の履歴書を作成する場合には、公立の場合やパソコン印刷を認めている就職先は少ないので、できるだけ手書きで丁寧に書くことが重要です。字がうまくないという場合でも、丁寧に書く、ということを意識することが大切です。

気をつけたいのが、書き損じても修正液を使って直さないことです。履歴書の書き損じをした場合には最初から書き直しすることが当然のマナーとなります。

保育士として就職するのですから資格欄には必ず保育士の資格を記載することと、保育士の資格証書をコピーして履歴書に添付することを忘れないようにしましょう。保育士として就職を希望するのですから、自己PR 、性格や心情については大切なアピールポイントとなります。

履歴書を書くときのポイント

特に保育士は子供と接して働くことが前提となっているので、いかに自分が子供好きである事や保育士になる理由などをアピールすることが重要です。

新卒の保育士の就職希望の場合には職務経歴がないので、アルバイトで子供と関係した仕事をしていたときには自己PRに記載することを忘れないようにしましょう。これも、自分が子供と接することが好きであることのアピールになります。

転職や復職の場合には職務経歴が履歴書とともに重要なアピールとなるので、勤務先の期間と勤務内容を明確に記載することが必要です。この時も大雑把に記載しないように注意しましょう。

履歴書といえばB5サイズの履歴書が以前は主流でしたが、最近ではB4サイズやA3サイズの履歴書が販売されています。就職先の面接官が見やすい大きさできればB4サイズやA3サイズの履歴書を利用して自分をアピールすることが必要です。

また小さいサイズの履歴書では記載した文字が小さくなってしまい面接官が読みにくいこともあるので、大きいサイズの履歴書が面接官には喜ばれます。