両立できる環境作り

家事や子育てと保育士の仕事は両立しにくい?

結婚や出産を機に、保育士を退職するという方は多くいます。
家事や子育てと上手く両立出来るかどうか心配で、辞めるとまではいかずとも、一旦仕事を休職するという方も多いでしょう。

家事や子育てと、保育士の仕事を両立しているというママさんも確かにいます。
ですが、全員が全員上手く両立できるという訳ではなく、家事や子育てに追われている中、今までの保育士の働き方をする事は、どちらの生活も破綻することに繋がり兼ねないと考えて居る方が多いのです。

その結果、優秀な保育士の人材が仕事を辞めてしまう事に繋がり、保育士の数が更に減少傾向にあると言えるでしょう。
勿論これは一例ではありますが、こうした両立に関して不安を抱えた結果、保育士の仕事を退職ないし休職するというケースは多いのです。

復職しにくいのはこんな理由

復職をしにくい理由には色々とありますが、1つ目はその労働時間や、急に休みが取れないという労働状況にあります。
保育士はどうしても、保育所によってはギリギリの人数でやって居る事もあり、急な休みを取るとなると、職場に大きな迷惑をかけてしまうため、良い顔をされないことも多いのです。

お子さんがまだ小さければ特に、いつ何時何が起るかわかりません。
他のお子さんの面倒を放り出して自分の子供の面倒を見に行くという訳にもいかない職業という点が、保育士に復職することを妨げていると言えるでしょう。

また、保育士の仕事は非常に体力を使いますので、毎日くたくたな状態になります。
そんなくたくたな状態の中、帰ってからも家事や育児に奮闘してくたくたになり、疲れ切って自分の時間が一切無くなる、心の余裕が無くなるという点も、保育士への復職を邪魔しているポイントと言えるでしょう。

復職を促す保育園の取り組み

保育士資格を持つ方が気兼ねなく復職できるように、保育園では、様々な取り組みが行われています。
例えば、週に数回、お手伝いとして、数時間だけ働く事が出来るような非常勤形態をとることで、保育士の負担を減らし、働きやすい環境を作るのも、取り組みの1つです。
フルタイムで平日全て働くとなると、なかなか家事と育児を両立できず復職が困難ですが、非常勤形態であれば、有る程度時間の融通が利く分、家事と育児をしながらでも、働く事が出来るのです。

こうした保育士が働きやすい環境続きを、積極的に行う事で、保育士資格を持つ人が働きやすく、長いスパンを見て、働き続ける環境が整います。
保育園と協力しながら、子育てと家事を両立できるような環境がある保育園も年々増加傾向にありますので自分のやり方に合っている保育所を見つける事で、より働きやすくなるのです。