保育士の仕事

保育士の復職支援

hoikuen

結婚や出産のため退職をした後に復職というものは、どのような職業であっても簡単に実現しないのが現状です。
そういった中でも、多くの人たちが復職を考えているので、それを支援する団体などもあります。

そして、その中の一つとして保育士の仕事も挙げられますが、この職業においても簡単に現場復帰できないのが実情です。
理由としては、保育園でも待機児童が増えているほど、現場復帰する職場の数が足りない状況にあるためです。

インターネットの求人サイトでは、現場復帰を希望する保育士の復職を応援しているところが存在しています。
保育士という特別な資格を保有している人で復職を希望する場合には、求人情報を紹介してくれることになります。

この難しい資格を取得している人だけが行うことのできる職業であるため、売り手市場に思われがちですが、上述したように保育園の数が少ないために買い手市場となってしまっているのです。

子育て経験のある保育士の需要は高い

mother

 
しかし、このような保育士の求人で唯一売り手市場となるのが、子育て経験がある保育士です。

子育て経験のある保育士は求人サイトで情報を紹介することで、保育士の復職を目指すことができるようになります。

子供を保育する仕事なので、現場を離れている保育士であっても子育ての経験のある保育士ならば保育園としても即戦力となる人材です。

保育士の復職を応援している求人サイトの中には、雇用形態もその保育士の事情によっていろんな情報を紹介しているところがあります。

子育て経験のある保育士はいろんな保育園から採用される確率の高い条件となっておりますから、自分の子供の子育てが一段落したママさんなら、保育士として復職することを考えるはずです。

事前に決めておくこと

hoiku

ただしそのためには、就職を決める前にさまざまなことを決めておくことが必要となります。
たとえば、家事と保育士の仕事の両立と家族の理解、保育士として復職するために行う復職活動の期間、
復職する保育園の場所と時間と雇用形態、復職が決まるまでの間に取得可能な資格などです。

これらをあらかじめ決めておき、保育士の復職のための活動を行っていくことになります。

また、子育ての期間が長くブランクがある場合でも、この期間について理解を示してくれる保育園も全国には多数あります。
そのため、自分にとって1番良い求人サイトを利用しての復職活動を行っていくことが、復職の早道だといえます。

当サイトでは、復職準備をする際に学んでおきたいこと、必要な資格やスキルなどについても詳しく解説します。

復職準備をするにあたって

家事育児との両立

家事や育児と仕事を両立させるためには家族の協力も必要となります。

保母免許の切り替えを忘れずに

男女雇用機会均等法によって保育士に名称が変わったことにより、資格の切り替えも必要となりました。

保育士の需要

少子化が続き日本ですが、保育園においては待機児童が出てしまうほど不足しているという現状があります。

国家資格を活かそう

保育士になるために必要な資格は国家資格です。

保育士の就職活動

保育士として働きたい場合は、数多くある求人情報をうまく活用しましょう。

学んでおきたいスキル

保育士の資格以外にも、持っておくと良いとされる資格はいくつかあります。