ピアノ能力

ピアノで伴奏

保育士の仕事がしたいけれど、ピアノが苦手という人はいます。
子供は好きだけど、人前で歌ったり、ましてピアノで伴奏しながら歌うなんて難しそうというご意見もあります。
普通に学生生活をしていたら、ピアノで弾き語りなどの経験をすることがなくても不思議ではありません。

ピアノのない保育園を探している人もいるようですが、子供達に歌わせない保育園というのは皆無でしょう。
ほかにも重視した方がいい条件はたくさんありますから、ピアノを弾かされるということだけで採用先を狭めるのは、もったいないかもしれません。
そういう人は、面接時にはじめから「ピアノは弾けません」と伝えて、それでも採用してもらえるところを選んだ方がよさそうです。

しかし、そう堅苦しく考えずに、子供達と楽しく歌いながら、ピアノで伴奏してあげればいいのです。
採用テストも、ピアノのコンクールのような厳格なものではありませんから、正確にピアノを弾く必要はありません。
多くの保育園は、子供達が楽しく歌えそうな童謡とか、アニメソングのようなものでかまわないでしょう。

また、ピアノをまったく弾けなかったとしても、保育園に就職することは可能です。
ピアノが弾ける先生の脇で、子供達と一緒に歌うだけでも十分です。
採用されてからピアノを習い始めるという先生もいますから、ピアノを弾くことが絶対条件ではないはずです。

ギターで伴奏

子供達の歌の伴奏は、必ずしもピアノとは限らず、あなたがギターの得意な人なら、ギターによる伴奏でも大丈夫です。
なかには、フルートの得意な先生がいて、変わった楽器が弾ける先生は子供達にとても人気があります。
何か得意とする楽器があるなら、それを面接でアピールするのもいいかもしれません。

動画サイトには、初心者でも弾けるギター講座がアップされています。
童謡などは、コードもそれほど複雑ではありませんから、少し練習すればマスターできるのではないでしょうか。

歌の選曲

子供達と一緒に歌う曲の選曲ですが、「ぞうさん」や「犬のおまわりさん」、「きらきら星」などが簡単そうです。
誕生日会には「ハッピーバースデートゥーユー」、クリスマスには「ジングル・ベル」や「赤鼻のトナカイ」といったクリスマスソングを覚えておくとよいでしょう。

これらの曲は長さが短く、ピアノで弾くといってもちょっとがんばれば丸暗記できます。
ギターもそれほど難しいコード進行ではありませんから、マスターするのに時間はかからないでしょう。

また、アニメソングなども弾いてあげれば、テレビの好きな子供達なら大喜びです。
アニメソングなんて楽譜がわからないという場合は、その時々で即興で弾いてかまいません。
テレビで流れている曲を録音して覚えて、ピアノやギターなどで伴奏してあげましょう。