「Nursery MaMa」採用制度

潜在保育士の現状

保育士の資格を持っている女性で、子育てを行うため現場から離れている保育士を潜在保育士と呼んでおります。子育て経験がある保育士は、現場でも大変求められている人材となっておりどの保育園でも積極的に採用したい人材です。

しかし、子育てを行っている途中なので必要な人員を確保するのは難しいようです。また、潜在保育士を採用するにあたり待遇面で時間と給与なので雇用者と保育士との間で大きな隔たりもあるので、必要な人材を確保するのが難しいです。

一般企業であっても保育所や託児所などを完備している大手企業では、潜在保育士の人材は必要な人材といえます。

内容

大手引越業であるアート引越センターの企業グループとなっている、アートグループの保育事業でアートチャイルドケア株式会社があります。

こちらのアートチャイルドケア株式会社では、潜在保育士の中で子育て中でも働きたいと希望する保育士の人たちに働く場所を提供することで、保育士の不足解消を考えております。

NuseryMaMa制度と呼ばれている支援制度です。こちらの会社では、結婚や出産したことで保育士の人が退職をして子育て中の保育士の名称としてNurseryMaMaと呼ばれています。

NurseryMaMaの保育士は、条件があり対象となる保育士は、小学校3年生修了前の子供を持っている子育て中の保育士で、当社が運営している全国の保育園で働くことが条件となっております。

雇用形態がシフト制の契約社員となっており採用された保育士の希望に合わせて月間50時間が80時間の2種類の雇用時間を選べることができます。対象となっている期間を終了した後でも希望によりフルタイムの勤務のとなる正社員や非常勤として働くことが行きます。

目的

これらの目的としては全国的に大きな問題となっている待機児童を減少させるのが大きな目的と言われており、これに合わせて潜在保育士の働く場を提供することも可能なので一石二鳥の制度といえます。

企業の中には潜在保育士に注目してこのような制度を開始している企業も存在しているほど、潜在保育士には大きな魅力があります。この企業だけでなく他の企業や地方公共団体からも魅力のある採用制度が増えることで潜在保育士の働く場が確保されます。