園の見学

保育園を見学する前に

保育園では、いつでも見学者を受け入れています。
実際に保育園を見てもらって、その雰囲気やどのような指導方針なのかを知ってもらった方が、採用してから辞められる心配がなくなるからでしょう。
ホームページを見たときの印象と、実施に訪れてみた後の印象が大きく異なることも考えられます。

保育園を見学する前にしておいていただきたいことですが、まずホームページに目を通しておいてください。
ホームページには様々な情報が掲載されていますから、読んでおけば職員の方との会話がはずみますし、いろいろ質問しやすくなります。
保育園の良さが書かれたホームページを見ることで、そこで働いてみたいという気持ちも強くなるでしょう。

ホームページを見たら、問い合わせフォームなどで見学に行きたいとの「予約」を申し込みましょう。
いくら家の近くの保育園だからといって、予約なしに突然訪問するのは失礼にあたります。
また、訪問する前に電話をすることでも、受付の職員の対応の様子などがわかります。

保育園への電話

保育園へ電話するのは緊張するかもしれませんが、疑問に感じたことは質問しましょう。
あなたの質問への回答しだいでは、その保育園への就職をやめた方がいい場合もあります。
受付はその保育園の顔ですから、対応が悪いということは教育体制が良くないかもしれないからです。

電話をする際には、手元にメモ帳を用意して、重要な点についてはメモするようにしてください。
電話で保育園への道順や必要な持ち物、訪問する時間などをご確認ください。

訪問する曜日や時間帯は保育園の都合に合わせ、その上であなたの都合の良い日時を告げましょう。
それが都合の悪い日時だった場合は、理由を言って別の日に変えてもらうことも可能です。
その際、自分勝手な理由を言うと印象が悪くなりますから、常識的な理由を考えるようにしてください。

見学時の服装

見学時に着ていく洋服は、基本的に面接時の服装と同じものでよいでしょう。
ただし、保育園側に、見学時の服装について指定される場合もありますので、その場合は指定に従ってください。
特に指定がない場合は、カジュアルすぎる洋服は避けて、髪もロングヘアーの場合はひとつに束ねるなどして、スッキリとした髪型でお出かけください。

ブラウスなどの洋服にはきちんとアイロンをかけ、靴を磨いておきましょう。
面接と同じと考え、履歴書も持って出かけましょう。
見学後にその保育園に就職したいと思った場合は、履歴書を渡してください。

今採用がなかったとしても、求人が出た場合に声をかけていただけるように頼んでおきましょう。
保育園で急に欠員が出たり、臨時職員が必要になることがないとも言えません。
あなたのことが記憶に残っていれば、後からあなたにお願いしてみようと思い出してもらえることもありそうです。