カテゴリー
お役立ち情報

保育士の福利厚生

保育士の産休育休事情はどう?

保育士は労働環境が求められ、日々国を挙げて改善をされている職業の1つとして知られていますが、実際に所、保育士の産休育休事情はどんなものなのでしょうか。
保育士にも色々な働き方が有りますので一概には言えませんが、近年、労働環境の見直しが積極的に行われている事もあり、どの職場でも、育休産休は恵まれている傾向にあります。

特に条件が良い、公務員保育士として、公的な保育所で働くという場合ですが、こちらの場合は最大で、三年間の産休育休があるなど、非常に魅力的です。
男性女性問わずに産休育休を取れるという所もありますので、働く場所によっては、非常に恵まれた環境で子育てに専念することが出来るでしょう。
産休と育休後、そのまま職場復帰を出来ると言うケースも多く、保育士が働きやすい環境を整えられつつあります。

ただしこちらはあくまで、職場によっても、働き方によっても異なりますので、注意しましょう。
民間の保育士として働く場合や、企業の産業保育士として働く場合などは、また産休育休事情がそれぞれ異なりますので、事前に確認することが大切です。

保育現場と福利厚生の実態

福利厚生の面も、働き方や職場環境によって条件が全く異なります。
最も福利厚生が良いのは、やはり公務員保育士で、保育士の資格を取得後、公務員試験を突破した、保育士のエリートコースとも言えるでしょう。
その分非常に待遇が良い傾向にあり、一般企業と比べても、圧倒的に福利厚生に恵まれているという場合が少なくありません。

次に良いのが、民間の保育園で保育士として働くという場合です。
正社員の場合は特に、恵まれた福利厚生で働ける所が多く、職場によっては、公務員保育士レベルの福利厚生をつけてもらえる所もあります。
他にも、働く場所などによって福利厚生面は大きく変わりますので、この部分も事前によく確認をして、納得した上で働き始めましょう。

職場によっても大きく異なる

一般企業と同じように、産休育休事情や福利厚生は、同じ業種でも企業によって待遇が全く異なります。
どんなにスキルを持っていても、働く環境によって、全く条件が異なりますので、理想の環境を見つけるためには、一つ一つ確認をする事が大切です。

同じ職場でも、正社員かアルバイトかなど、雇用形態によっても条件が大きく異なります。
同じ労働量でも、契約内容によって福利厚生や産休育休事情が大きく変わってしまう場合も多いですので、働き方、契約の仕方も、見直して見ることが大切です。
せっかく同じ時間働くのであれば、色々な面で理想的な環境、恵まれた環境で働けるように、労働先をしっかり比較するようにしましょう。