カテゴリー
お役立ち情報

仕事を充実させるための目標設定

仕事は目標を立てて行う

日々同じような仕事の繰り返しで、何と無くルーティンに適当に過ごしてしまっていると感じている場合。
その状況を脱却するためには、一つ一つ具体的な目標を立てていくことが大切です。
仕事をするにあたり、具体的な目標設定を出来るかどうかで、仕事のスキルアップに繫がり、少しずつ理想の自分に近づくことが出来るでしょう。
まず目標を決める際には、大まかな目標から決めて、それに向けた具体的な目標を決めていきます。

例えば、特定の資格取得を目標に掲げる場合は、まずは資格試験日を確認して、資格試験日から逆算して、具体的なスケジュールと目標を立てていくのです。
試験日が1年後であれば、どの様な方法で勉強して行くのかを合わせて決めていき、いつまでにこのテキストを終わらせるために、1日数ページ勉強する、と言うような、具体的な計画を練りましょう。

計画を練った後は、過去問テストでいつまでに○○点以上をとる、資格のこの内容をいつまでに丸暗記する、など、細かく目標設定を行います。
目標設定をした後は、それに向けて日々継続して努力をしていくことで、目標をクリアしていくことが出来るでしょう。

目標に向けて具体的な行動もあげる

大まかな目標を立てるだけでは、なかなか目標に辿り付くことは難しいと言えます。
目標に向けて具体的な行動を一緒にあげる事で、目標に向けて努力をしやすくなるのです。

例えばダイエットであれば、目標をいつまでにマイナス○キロと設定した場合、具体的にどんな行動を起こすのかを、合わせて考えて見て下さい。
毎日腹筋を数十回やる、お菓子は食べないなど、行動内容をわかりやすく決める事で、少しずつ目標に近づくことが出来るのです。

また、目標を立てる際には、実現可能な、具体的目標を立てることも重要になります。
何と無くビッグになる、と言うような曖昧な目標を掲げると、何をしていいか分からず、空回りに終わってしまう可能性があるでしょう。
目標の立て方も、目標達成のためには重要なスキルです。

達成目標、未達成ペナルティを作ると効果的

細かく目標を設定することで、目標をきちんと達成できている時もあれば、目標を達成できなかった時も出てくるでしょう。
そう言ったときにそのまま流してしまうのでは無く、それなりの対応をすることが大切です。

目標が達成できていない場合は、そもそも目標に無理があったのでは無いか、もっと内容を細かく設定するべきなのでは無いか、反省点を見直します。
特に反省点が無く、ただ自分がサボってしまっただけであれば、事前に未達成ペナルティを考えておくと、やる気が出るでしょう。
反対に、目標を達成できたときのご褒美を考えておくと、俄然やる気が出ますので、より努力することが出来ます。