カテゴリー
お役立ち情報

待遇改善策として導入された「住宅支援制度」

借り上げ社宅制度を活用する

社宅制度には近年、様々な種類があり、社宅制度を活用できる企業は多くあります。
社宅制度の中でも近年人気が高いのが、借り上げ社宅制度です。

こちらの制度は、会社の近くにあるアパートやマンションを、企業側が契約して、企業が家賃の一部を負担した状態で済むことが出来ると言うシステムになります。
一部負担と言っても大幅に負担をしている企業が多く、自己負担額が月々1万円前後しか無いという所も多いでしょう。
平均して本人負担額は、1~3万円前後という所が多く、あまり条件が良くない企業でも、家賃の6~8割を自己負担とするなど、普通に済むよりもお得なケースが多いのが特徴です。

社宅制度の場合は、会社でマンションなどを契約していますので、引越しの際に発生する各種初期費用や、契約更新料などは一切必要ありません。
毎月の自己負担額も、通常に比べてお得ですので、貯蓄をしやすく、色々と節約を出来ると言う点が魅力になります。
物件をいくつか抱えている企業もあり、選択肢が多い企業もあるなど、メリットは多数ありますが、入居可能年数が決められているケースもありますので、事前に確認をしましょう。

住宅手当ってどんなもの?

毎月の給与に加算して普及されるタイプの手当が、住宅手当です。
この住宅手当は、会社が定めている規定に則った特定の条件下の物件に住んでいる場合、その家賃の一部を会社が負担するというシステムになります。
手当金額は平均で月額1~2万円前後として居る所が多く、毎月振り込まれるため、節約に大きく貢献していると言えるでしょう。

有る程度の条件はありますが、自分で住宅や場所などを自由に決めることが出来るのが魅力で、他の会社の人と会わないような物件に住めるというのも特徴です。
現金として支給される分、お給料が増えたような気分になるのも、メリットと言えばメリットでしょう。
ただし、単身者であることが条件としている企業も多い為、事前に条件を確認することが大切です。

行政が行う住宅支援制度

年々減少傾向にある保育士の数を増やすことを目的に作られた、行政の住宅支援制度もあります。
こちらは、保育運営事業者に対して住宅支援を行う制度の事で、会社の借り上げ社宅に居住した保育関係者を方を対象に、利用できると制度です。
自治体によって他にも条件や既定が異なりますので、利用する際には事前に確認をしてみましょう。

こちらは場所によっても異なりますが、例えば、家賃のほとんどをまかなえる程の支援をしてもらえる地域もあります。
家賃負担がほとんどゼロに等しく仕事に集中出来るため、安心して保育環境に徹することが出来ると言う、理想的なシステムと言えるでしょう。