カテゴリー
保育士情報

仕事着選び

保育士の仕事着

保育士の仕事着で多いのは、スポーツをするときに着用するジャージです。
ジャージは動きやすく、汚れがあまり目立たないことから仕事着として採用されています。
保育のクラスごとやチームごとにジャージの色を変えれば、チームカラーにもなるでしょう。

ジャージ以外には、Tシャツやカットソー、ポロシャツなどにジーンズやレギンスといった服装が一般的です。
その上にエプロンをつけて作業をしている保育園もあります。
また、保護者の評判を考えて、ジャージやジーンズといったラフな服装を禁止している保育園もあるようです。

普段の服装については、保育園に着いてから着替えるので何を着ていてもかまいませんが、子供達に接するという職業柄である以上、派手なものは避けた方がよさそうです。
保育園によって服装が決まっているところもありますが、少人数のところは保育士さん同士が決めるなど、ある程度融通がききます。

エプロンの選び方

洋服が汚れることから、エプロンをつけている保育園もあります。
エプロンの選び方ですが、ポケットの多いものだと、メモ帳やペンなどを入れることができるので便利です。
素材も、綿、リネン、ナイロン、デニムなどいろいろです。

綿とポリエステルが混合のエプロンなどは、洗濯した後にあまりシワがつきません。
また、水仕事などをするときは水をはじくナイロン製のものが重宝します。
用途によって3枚ぐらい持っていて、使い分けると良いのではないでしょうか。

子供達のおやつなどを作る際にも、エプロンは活躍します。
調理でつけるエプロンと図画・工作用など、作業別に分けるとよいでしょう。

アニマルプリントのエプロンやアップリケなどがエプロンに付いていると、園児達が喜びます。
フリフリの付いたエプロンをしていると、「可愛い」と女の子達が寄ってきたりします。
子供は、キャラクターの付いた可愛いものが大好きです。

仕事着の購入場所

仕事着の購入場所ですが、仕事着専門の通販サイトで購入することができます。
通販サイトにはTシャツやカットソー、ポロシャツやエプロンなどが職種ごとに揃っています。

オリジナルの仕事着をオーダーすることもできます。
保育士さん同士で話し合ってカラーを揃えたり、動きやすいデザインにしたりすれば、仕事をするときのモチベーションが上がりそうです。

また、エプロンの場合は、エプロンの専用サイトがあって、保育士や看護師用などに分かれています。
「お話しエプロン」などは、エプロンにストーリーになったアップリケが付いています。

『赤ずきんちゃん』の童話をモチーフにしたエプロンを付けていれば、赤ずきんちゃんのお話しを子供達は覚えてくれるでしょう。
カラフルな仕事着や楽しいエプロンが売られていますから、保育士の仕事着を販売している通販サイトをごらんになってみてください。

カテゴリー
保育士情報

持っておきたい遊び本

子供と遊ぶ本

保育士は毎日保育園で、子供達の遊びに付き合うのが仕事です。
絵本の読み聞かせや紙芝居、歌やゲームなどで飽きさせないように注意を引きつけながら、相手をしなければなりません。
そんな保育士さんのために、『子どもとたのしむ101のあそび』や『365日子どもが夢中になるあそび』といった遊び本が販売されています。

こういった本には、子供と遊びながら知能や運動能力を高めていくことができるアイデアがたくさん集められています。
自分で思いつく遊びには限界がありますから、本の中から楽しい遊びのアイデアを参考にしてください。

子供と遊ぶ本は、対象年齢が2歳くらいから小学校に上がる前くらいまでのものを選ぶと、保育園の子供達の年齢に合っています。
小学生以上のものは、保育園の子供には少し難しすぎます。

どの本も、身の回りにあるものを使って、子供達と楽しく遊ぼうというアイデアがユニークです。
こんな使い方もあるんだと、関心させられることもあるでしょう。

折り紙の本

折り紙は、紙一枚で費用がかからず、子供の手先が器用になるというメリットもあります。
一度折ったものを開いて別な物を折ったり、一枚の紙を何度でも使用できるという点でも、お金のかからない優れたツールです。

なにより折り紙を折っている間は、子供達は折ることに集中してくれるので静かな点も良いです。
指先が器用じゃない子供や一ヶ所にじっとしていられない子供などの向き不向きはありますが、出来上がったときの喜びとか、子供達の独創性を伸ばしてあげられる本です。

指先の器用じゃない子に対しては、折り紙を三角や四角に折ったものや、手でちぎったものを家や乗り物の形にするなど、やり方はいろいろ考えられます。
子供の好きな犬や猫といった動物、身の回りの物を折り紙で表現する楽しさに、子供達は夢中になれるでしょう。

絵描き歌の本

絵描き歌というのは、「棒が一本あったとさ~(と歌いながら、横に短い直線を引く)、葉っぱかな(上下に線を書いて、葉っぱにする)、葉っぱじゃないよ、カエルだよ(目玉をつけてカエルにする)」などと歌いながら、最後に「あっという間にかわいいコックさん」にするというものです。

絵描き歌も、ホワイトボードがあれば、何度でも書いたり消したりのお絵描きができて、子供達に喜んでもらえそうな遊びです。
なにより、こういったお金のかからない遊びを子供が覚えてくれれば、お母さんも経済的に助かるのではないでしょうか。

ほかにも「あやとり」など、子供と遊ぶ本の中には、古き良き日本の遊びを取り上げているものがあります。
携帯電話やインターネットなどのゲームで遊ぶのが、子供達の遊びとして一般的なものになってきていますが、手先を使ったこのような遊びはとても新鮮です。
童心にかえって、楽しく子供達と遊ぶことができるでしょう。

カテゴリー
保育士情報

給料について

保育士の給料

ニュースなどで、その仕事のハードさに比べて保育士の給料は少ないと報道されています。
なぜハードな仕事なのに、保育士の給料が少ないかですが、一般的に給料というのは、少ない人数で高額な商品を売るほど高くなります。
安い商品を多くの人を使って売らなければならないような業種については、平均単価が低くなります。

保育というのは給料体系が後者であり、がんばって子供を育てているシングルマザーなどを相手に子育てのサポートを行わなければならない仕事です。
ただし、お客様が裕福な家庭ばかりの場合であれば、給料は高くなります。
ニュースで話題になっているのはお金持ちの家庭の子供ではなく、ごく普通の家庭の子供について取り上げられているのでしょう。

保育は人手不足な業界なので就職はしやすいものの、給料に比べて仕事内容がハードだと離職率が高くなります。
一人の保育士が大勢の子供の面倒を見なければならないような職場だと、仕事は相当ハードなものになってしまうでしょう。

保育士の年収

保育士の平均年収は310万円程度で、これは一般的なサラリーマンの平均年収並みの水準です。
平均月収で考えると21万円、平均時給は1,247円となっています。

正規の職員であれば、この中から年金や健康保険などが引かれることになるので、手取りにすると16~17万円くらいが相場となります。
しかし、現在は非正規雇用も増えてきており、アルバイトやパートになればフルタイムで働けないため、手取りはもっと低くなるかもしれません。

9時~5時で帰れるサラリーマンであれば、この年収は悪くありません。
しかし、保育の仕事は、5時以降に「延長保育」があるのが一般的で、帰宅はかなり遅い時間になります。
対象が子供なので、効率的に仕事を行うのが難しい職種でもあります。

多くの保育士は子供が好きで、子供達を育てるというやりがいのある仕事であることから、仕事内容は決して悪いものではありません。
しかし、いくら子供が好きでも、安い給料で拘束時間が長くなると、自分の家庭にかける時間が少なくなってしまいます。

保育士の昇給

保育士になったばかりの頃は給料が安くても、長く勤め続ける間には昇給もあります。
保育は女性の多い職場であり資格も持っていますから、結婚や出産をした後に職場復帰が可能です。
ほかの仕事に比べると、仕事に復帰しやすいというのは大きなメリットです。

自分が子供を生んだときも、優先的に元の職場に子供を預けることも可能なのではないでしょうか。
自分が再就職した保育園に、我が子と一緒に通うという選択もあります。
現代は保育園を探すのがたいへんな時代になってきていますから、このような選択まで含めれば、たとえ給料が安くてもほかのメリットを見つけることもできそうです。